MSCアルモニアで行くキューバクルーズ
乗船   ジャマイカ  ケイマン諸島  メキシコ  キューバ  マイアミ   HOME
2019/1/27〜2/6

船名 MSCアルモニア   総トン数  65,542t
就航年 2001年6月    乗客定員  2,679名
乗組員数  721名    全長   274.9m
全幅    28.88m     船籍  パナマ
 
 
成田からシカゴ経由でマイアミまで所用時間18時間半
 
1月27日シカゴは−14℃
 
 

 
日本との時差13時間のフロリダ・マイアミは常夏の地です
 
MSCアルモニアに乗船
マイアミの船上からのヨットハーバの景色
 
 
グランド・ケイマン沖に停泊中のMSCアルモニア
 
 
メキシコ・コズメル港のMSCアルモニア
 
 
ジャマイカ・モンゴベイに入港
 
 
テンダーボートは一度に150人乗れる
 
 
マスト
 
 
バスケットコート
 
 
 
 
 
13デッキの船首側
 
 
 
 
 
 
客室
 
 
 
 
 
避難訓練
 
 
カジノ
 
 
 
ショップ
 
 
バー
 
 
 
 
 
パターゴルフ
 
 
シャッフルボードゲーム
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ビュッヘでランチ
 
 
 
 
 
毎晩ディナーでお世話になったウエーターのカリブのセントルシア出身 アンドレア・アントニー
 
 
 
 
 
 
 
サンセットを眺めながらディナー、毎晩お世話になったインド出身のウエーターのフランシスコ
 
 
 
 
 
デッキイベント
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

船長とクルーマネジャーの挨拶
 
 
 
シアターショー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ギッツビーパーティ
 
TOP  HOME  MENU(海外の旅景)
 

 
ジャマイカ
 
ジャマイカ・モンゴベイに入港
下船風景:バスで2時間、オーチョリスのダンズリバーの滝を登る
 
 
ダンスリバーの滝登り
 
 
激しい雨の中、水量の多い滝を登ります、200mの傾斜地を手をつなぎ合って1時間かけて登ります
 
 
 
 
夜7:30に船に戻る、ライトアップした船が綺麗です
 
TOP  HOME  MENU(海外の旅景)
 

 
ケイマン諸島で最大の島
グランド・ケイマンに上陸
珊瑚礁なので沖合に停泊してボートで乗りジョージタウンへ行き、まずイルカタウンでイルカと触れあい、ついでボートでアカエイスポットまで移動,海に入って赤エイとハグします。
 
 
 
ケイマン諸島でアカエイとハグ
アカエイが泳いでいます
 
 
 
 
 
海は素晴らしく透明です
 
 
 
 
 
左らカーニバル・ビスタ133500トン、
ノルウエージャンブ・レークアウエイ146600トン、
リガル・プリンセス14229トン
リガルプリンセス14229トン、テンダーボートで上陸する珍しい光景
 
ジョージタウンのお土産物店のラム酒ケーキ
 
 
 
 メキシコ キューバ マイアミ
TOP  HOME  MENU(海外の旅景)
 

 
メキシコ・トゥルム遺跡
2月1日メキシコ コズメルに入港
 
 
 
 
我々の隣に停泊中の巨大船ノルウエージャン・ゲッタウエー145655トン
 
 
 
 
高速艇でメキシコ本土のプラヤ・デル・カルメン港に向かう
2月でも水泳が出来ます
 
 
 
 

バスで2時間弱のところのトゥルムのマヤ遺跡へ移動
遺跡の土産店 
 
 
 
 
 
 
 
 
城塞都市の入り口
12メートルの崖の上にマヤ人によって造られた最後の都市の1つ、13〜15世紀の間に繁栄海と平行して長さ400m幅170mの小さな都市 宗教色の強い遺跡で平民は住んでいなかった
 
フレスコ画の宮殿
 
 
大宮殿
 
 
降臨する神の姿
 
 
海辺にある中央神殿
 
 
イグアナ
 
 
アカハナグマ
 
 

マイアミ キューバ
TOP  HOME  MENU(海外の旅景)

 
 
こんなアクティブティな旅行を楽しみました,
動画をご覧下さい。
 
 
 
ジャマイカ ダンズリバー滝登り
 
 
 
ケイマン諸島でアカエイとハグ
 
 
 
 
 
 

キューバ・ハバナ
 
 
船上から見たハバナ、ドームは旧国会議事堂
 
 
船上から見たモロ要塞
 
 
モロ要塞の内部

現在はコロンブスの歴史などを展示する博物館で,灯台でもある, モロ要塞は高さ20mの城壁で,1640年にスペインがハバナ湾防衛のために建設した。対岸の、プンタ要塞と向かい合って、外敵が迫ると鉄の鎖を渡して敵の侵入を防いだ,17世紀前半のイギリスの海賊の再三の襲撃にもハバナを守った,1762年イギリスが要塞を占領した、1年後スペインはフロリダと引き換えに要塞を取り返す、この翌年1763年に新たにカバーニャ要塞を建造し防衛力を高めた,モロ要塞は役目を終えてからは牢獄だった。、
 
 
 
 
 
大砲が当時のまま残されている
 
 
モロ要塞からみるハバナ湾や旧市街は絶景です
 
 
モロ要塞からみるハバナ湾や旧市街は絶景です。
 
 
カバーニャ要塞、モロ要塞の隣に後から強化のため建設された
 
 
カバーニャ要塞の砲台
 
 
プンタ要塞、運河の入り口にあります
 
 
フェルサ要塞
 
 
ハバナ湾の対岸へ行く海底トンネルのロータリーにある銅像マキシモ・ゴメス像19世紀の第一次独立戦争の指導者
 
 
クラシックカーがずらり
 
 
ドームの有る旧商工会議所
 
 
20mの白いキリスト像
 
 
ハバナ港、ここに着岸して入国します
 
 
キューバ下船時の入国審査の行列 1時間以上待たされました
 
 

ハバナ旧市街
サン フランシスコ 広場
旧商工会議所で、現在は朝日新聞・NHK・BBSなどの支局が入るビル
 
サンフランシスコ・デ・アシス教会
 
 

 
この客車1900年のアメリカ製で1912年にキューバが購入、革命前の1959年まで、キューバの大統領専用車だった
 
 

ラム酒博物館
キューバを代表するラム酒「ハバナクラブ」の歴史とサトウキビから作られる工程を紹介する博物館
 
 
 
 
 
 
 
 
サトウキビ絞り器
 
 
1930年代のラム酒工場の模型
 
 
キューバを代表するラム酒ハバナクラブ
 
 
ラム酒の販売と試飲コーナ
 
 
 
 
 
キューバ史上初の女性提督だった“ラ・ヒラルディージャ”の像はハバナ・クラブのロゴになっている、フェルサ要塞の塔の上にある“ラ・ヒラルディージャ”の像(左写真)
 
 
葉巻の売り場
 
 

 
メルカデレス通りの右手側にある砂絵壁画
 
 
 
 
 
キューバの歴史上の著名人67人を描いている。壁画家のアンドレス・カリージョが2000年に描いた。
 
 
対面の建物を写しとって描いている
 
 

 
市立博物館(旧スペイン総督官邸)
 
 
市立博物館(旧スペイン総督官邸)前の道路は馬車の足音を吸収するためにキューバ産の木材が使われた石畳
 
 

 
チェ・ゲバラの第一邸宅
 
 
チェ・ゲバラの第一邸宅
 
 

 
フェルサ要塞
 
 
フェルサ要塞の塔の上にある“ラ・ヒラルディージャ”の像 キューバ史上初の女性提督だった“ラ・ヒラルディージャ”の像はハバナ・クラブのロゴになっている
エル・テンプレーテ教会、ハバナで最初にミサが行われた場所
 
 

ヘミングウェイゆかりの場所
レストラン ラ ボデグイータ・ デル・ メディオ 
 
 
ヘミングウエーがこの店に足繁く通った店
 
 
ヘミングウエーがこの店に足繁く通った店
 
 

 
ホテル・アンボス・ムンドス、ヘミングウェイが”常宿にしていた有名なホテル
 
 
ロビーの壁には、ヘミングウェイの写真を展示
 
 

 
大聖堂 1555年に建設、高さが異なる2つの塔が特徴
 
 
 
 
 
大聖堂広場にて
 
 
車止めは大砲のレプリカを突き刺してあり反戦を意味している
 
 
キューバのお巡りさんはこんな制服です、日本人ガイドの話だと大変治安は良いとのこと
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今日は土曜、少年達が野球をしています
 
 
サン・ホセ民芸品市場、かわいいお土産が揃う!
 
 
サン・ホセ民芸品市場
 
 
 
アメリカ製のSLが3両展示してある
 
 
ロシア正教のカザン大聖堂、2008年完成、キューバ最初の大聖堂
カストロのロシアとの絆がうかがえる

 
中央公園
 
 
中央公園、キューバ独立の英雄ホセ・マルティの銅像
 
 
 
 
 
キューバのカラフルなアートが見られるハバナ国立美術館
 
 
ガルシア・ロルカ劇場
 
 
旧国会議事堂(カピトリオ)
モデルはアメリカの国会議事堂建築、1929年、幅208m、高さ 98mの4階建て大理石をふんだんに使用した瀟酒な内装。レプリカだが、床には24カラットの ダイヤモンドが 埋め込まれている。その場所はキューバ道路の基点ゼロ地点でもある。また入口にある彫像は台座と像を合わせて15mもの高さがあり、世界で3番目に巨大なものとされる。キューバの国旗をまとった女性の像で共和国の象徴となっており20世紀初めのキューバの経済状況を物語る立派な建物。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
キューバ人が最も好むスイーツはエラート(アイスクリーム)、暑いがカラッとした気候のせいもあり、喉を潤すために、よく口にします。この店は、映画「苺とチョコレート」にも登場した「コッペリア」。新市街の中心街、「ハバナ・リブレ・ホテル」の斜め前にあります。
 
ハバナ・リブレ・ホテル(革命前のヒルトン)
 
 
コヒマル
海底トンネル、旧市街から運河の海底を抜けるトンネル
(1955年〜1957年にかけて作られ長さ733m)
コヒマル・老人と海の舞台となった漁村、小さな要塞がある
 
 
ヘミングウエーが自殺した後に漁民仲間が自分たちのスクリュー等の金属を出し合って作った胸像
アーネスト・ヘミングイエー 1888〜1961と彫られているが生まれは1899年でした
ヘミングウエーが常用していたレストラン、ラ・テラサで昼食
 
 
 
 
 
カストロとヘミングウエー(1959年)

 
ヘミングウエー愛艇ピラール号の船長
グレゴリオ・フエンテ
釣りの師匠であり、呑み友達だった
郊外のアパート
 

クラッシックカーでハバナを疾走
 
 
 
 
 
GM社のポンティアック 1957に乗車しました
 
 
メーターは全く動かず、スピードは不明です
 
12km続く海沿いのマレンコ通り
 
 
マレンコ通りの高層建築
 
 
前方右は音響攻撃の噂があったアメリカ大使館、前のポールは国旗掲揚用
 
 
革命広場横にある、ホセマルティ記念博物館
 
 
内務省のゲバラ肖像
 
 
情報通信省にカミーロの肖像
 
 
ゲバラの肖像画
 
 
 
マレコン通り
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

日曜日で少年等が送迎してくれています
 
 
キューバを後にマイアミへ出航
 
 
キューバのサンセットを眺めながらディナー
 
TOP  HOME  MENU(海外の旅景)
 

マイアミ
 
 早朝のマイアミ港に到着
 
 
下船、これでお別れ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
港から飛行機がテークオフ、マッカーサ・コースウエー
 
 
 
 
 
 
 
ベルサーチの家
 
 
5thストリート
 
 
 
 
 オーシャン・ドライブ
 
 
マイアミビーチ
 
 
パーム アイランド パーク・高級住宅街
 
 
 
  
ベイサイド・マーケットプレスで昼食とショッピング
 
 
 
 
 
 
アメリカン・エアラインズ・アリーナ
 
 
 
 
 
マーリンズスタジアム
 
 
マイアミ空港
 
TOP  HOME  MENU(海外の旅景)

こんなアクティブティな旅行を楽しみました,
動画をご覧下さい。
 
 
キューバのクラシックカー
 
 
 
ジャマイカ ダンズリバー滝登り
 
 
 
ケイマン諸島でアカエイとハグ
 
 
 
クルーズ船 シアターにて フレンチカンカン踊り
 
 
 
クルーズ船 デッキにてラテンダンスショー
 ペーアが凄い
 
 
以上

 
MSCアルモニア乗船 ジャマイカ ケイマン諸島 メキシコ キューバ マイアミ
 
TOP  HOME  MENU(海外の旅景)