おもちゃの病院上牧                      更新2019/11/3
 
治療報告  治療器具 おもちゃの寄付 リンク お問い合わせ
 
おもちゃの病院上牧
                                   

11月3日のペガサスフェスタの様子

 

 

「おもちゃの病院上牧」を紹介するページ。
ボランティアによるおもちゃの無料治療を行う病院です。
 
 

次ぎの開院は2019年11月23日
第4土曜日 
 
 
 
MAP
(アピタ西大和店が近くに有ります。)
 
 
これからの開院日は次ぎのとうりです。
  2019年(令和元年)
6月22日
済み
7月27日
済み
8月24日
済み
9月28日
済み
10月26日
臨時休院
11月3日
済み
11月23日
12月14日
**
 
*11月23日はペガサスホールに場所を変えて開院します。
KANMAKI GARDENと同時開催します
開院 11月23日  10:00〜16:00
(ドクターは 9:00より準備)
**毎月第4土曜、12月のみ第3土曜です
 
 
おもちゃの病院上牧とは
おもちゃの病院上牧は「上牧町ボランティア連絡協議会加入団体」
で事務所を上牧町社会福祉協議会に置いています。
当団体は上牧町協働まちづくり公募型補助金の交付団体に決定しました。
(上牧町まちづくり推進課)

2013年9月に発足、大淀の「神の手」を持つベテランDrが毎回支援に来ていただいています。他所で治らなかったおもちゃが治せた例も多々あります、
お住まい地は問いません、どうぞお越し下さい。
 
 

 
 
 
ドクターの皆様

おもちゃの病院上牧と支援していただいている「なら・おおよどおもちゃ病院」「やまとたかだ おもちゃ病院」「なら おもちゃ病院」の皆様方
 
 
 
 
 
 

治 療 器 具
 
おもちゃの治療に便利な自作ツールの紹介です。
 
 
 
 

 
 
2019/11/3
 
ペガサスフェスタで開院
ジャンボ プラレールランド
 
 
 
 
 
 
 
 
2019/9/28
 
ジャストライクホーム
ピッとスキャン!キャッシュレジスター 治療報告(トイザらス)
 
 
症状はバーコードリーダーの赤色LEDが光らず読み込まない、調べると赤色LEDのスイッチ用トランジスタが故障していた。処置は代替トランジスタ"2SC1815”を付け変え。故障原因はLED部が赤茶色の汚れていることからジュースらしき液体が浸入した様だ、この為ショートし異常電流でトランジスタを壊したと思われる。

トランジスタの故障確認はLEDの帰線を追いかけるとトランジスタに到達しそれをデジタルテスターのダイオードレンジでベースとコレクタ間のVfを調べた,その結果と1.1Vを示し通常は 0.5から0.7Vくらいの数値を示すので故障と判断。
バーコードリーダーの釦をONにするとTrのB(ベース)には0.8Vの電位が出るのでマイコンは正常に機能している判断した。
                                                    
トランジスタ交換
  
 
  
白い電線が繋がっているのが故障したチップトランジスタでこれをリード付きトランジスタ(2SC1815)と交換した
(トランジスタはNPNの電流が十分流せる汎用品で可) 
 
 
バーコードリーダの分解清掃状況
 
 
 
No3 LEDとフォトトランジスタとヘッドケースがジュースの様な液体で汚れており、綿棒とアルコールで清拭した、汚れで綿棒が赤くなっている。(上段右上)

この機構は4対のLEDとフォトトランジスタで白黒のパターンに於ける光の反射で読み取っている。 そして金額を音声で読み上げさらにレジスタに表示される仕組みなっている。
 
 
 
 
2019/8/24
 
アンパンマンNEWわくわくクレーンゲーム治療報告 (アガマツ製)
 
症状は @バケットの鎖が伸びまま巻き上げない、モータは回転音は発してる。 A 開閉チェ−ン がバケットのフックから外れてる。
処置は @巻き上げないのはドラムの軸が空転してる為で軸穴にプラリペアーを注入して軸を固定する。 A開閉チェ−ンをフックにかけ直し外れない様フックの口を接着材でふさぐ。

旧型に比べ機構が簡素化され巻き取りはタイマー制御しておりバケットが天井に当たってもモータは止まらず時間が来るまでトルクリミッターで空転させている。この為巻き上げドラムの軸に不要な力が加わる、それと巻き上げドラムがスチロール樹脂で弱くこれが故障の一因と思われる。 改良された点はチェ−ンの位置調整が全く不要になりだらりと垂らしたままセットしても勝手にホーム戻って巻き上げて停止する。またカプセル投入口がゲーム機の背面に変更されている。
 
 
 
右端の写真の赤いドラムはチェーンを巻くもので、ドラムAは巻き上げ用、ドラムBは開閉用。故障の原因はBが空回りしていた為で、上下および開閉が出来なかった、仕組みはまずBが回転して位相遅れでAが回転すべきがBが空回りしていたのでAも回転しなかった。
 
 
処置はBドラムを軸から抜き取ってプラリペーを注入し固まる前に軸に差し込み固定した。
 
 
開閉用チェーンがフックから外れていた、元に戻し外れ防止目的で口ボンドでを塞ぐ。
 
 
  
左の写真はゲーム機の背面にあるカプセル投入口で何故かネジ止め式だった、
ドライバー無しで開閉出来る様つまみ付きネジに交換した。
右の図はギアBOX上段のチェーン巻き取り機構を参考に記載しています。
 
 
 
 
IRリモコンバス「阪急バス」治療報告 (トイコー製)
症状は@リモコンで動作しない(送信しない)、A前扉の左側が動かない、B走りぱなしになる。治療内容は@リモコン送信機のSW端子の半田が浮いて回路が断線、ジャンパーで補修、A前扉は支柱が折れていたのでプラリペアで成形、B走りぱなしになるのはモータをON-OFFさせるトランジスタの保護ダイオードが ショートしていた為で交換する。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2019/7/27
 
おともだちっくワンちゃん 治療報告(イワヤ2002)
 
 

スイッチを入れても動かず,音声も発せずモータの回転音のみ聞こえる。この犬の縫いぐるみは 頭をふる、口をぱくぱくする、しっぽをふる、お手をする、声に反応する、頭、背中、耳、しっぽ,手にスイッチがあり,音と光と携帯電話のセンサーを持つ縫いぐるみです。
音声が出ない原因はスピーカの断線でした、また動かない原因は3カ所のピニオンが全て割れて空転していた為めでした。このピニオンは10T、6φ×9Lmm と長く手持ちの5Lmmを突き合わせて9Lmmにしてセットしました。
 
 
 
 
 
 
 
2019/5/26
ふれあい社協まつり
 
1階プレイルームでプラレールランドと2階 第2会議室でモノレール運転とおもちゃの治療
 
 
 
2019/4/27
 
「ミミクリーペット (うさぎ ロップイヤー) 」 
の治療報告
 
話しかけた言葉をマネする、そして頭を上下するぬいぐるみが動作しない
原因は電池BOXのマイナス極の半田付け不良でした。
 
 
 
 
2019/3/23
 
「電池で動く柴犬 (イワヤ2005)」
の治療報告
 
 

左側後ろ足の軸が折損して動かない。ゴルフ用鉛筆の軸を転用して軸として、木片を加工して軸を差し込み胴体に接着して修復する。なお縫いぐるみから胴体を取り出すのは困難で、おしりの部分の糸をほぐして切開して胴体を取り出した。
 
 
 
 
 
 
 
2019/1/26
 「アンパンマンわくわくクレーンゲーム」
の治療報告
 
LEDが点滅しメロディが流れるが動かない。原因は電池の容量不足だった。
本品1年前にも同じ事象で持ち込まれたものだったので注意喚起のラベルを貼る。
 
 
 
 
「戦車の治療報告」
 

京商90式無線リモコン戦車 左り後ろの動力輪が回転しない。車軸が曲がっていたのが原因。車軸を修正するには車輪を外さねばならいが「たたき込み軸止」のため外せず仕方なく周辺をドリルで馬鹿穴をあけ車輪を取り外し、軸をバイスで真っ直にして車輪を元に戻しその馬鹿穴にプラリペアを充填して修復する
 
 
 
 
 
2018/11/3
遊びがいっぱい!おふろでアンパンマン
ポンプが動かない、内部が浸水で錆びている。解体するもモータケーシングに錆び付いてモータの交換ができない。やむを得ず灯油ポンプをドッキングさせて修復した。まず灯油ポンプのケースを輪切りにして、本体と突き合わせて32mmφのプラスチックの鞘(青色部)を被せる、鞘は灯油ポンプが15mm長く径が細いため継ぎ足しと径合わせに使った。モータの先端側も形状が合わないのでスペーサを設け最後にビニルテープを巻き、次いでコニシの50mm幅の「透明の ボンドストームガード」で仕上げる。このテープは耐水性と強力な接着性があるとのことで使った。
モータの先端側にペットボトルのキャップを削ってスペーサを設けた
 
(参考:やまと高田おもちゃ病院の修理例)
アンパンマン「スプラッシュ お風呂でスライダー」
 
 
2018/8/25
ガブッチョフィッシング 治療報告
 
動きません、モータに繋がる配線が切れていたので即座に治療完了。
 
 
2018/7/28
 
アンパンマンお風呂で玉入れ 治療報告
ボールを入れて引き金を引くとボールが飛び出すおもちゃです。パチンと、音がしてボールを飛ぶはずが音も出ずボールも飛ばない、分解すると引き金でバネが屈曲してボールが弾かれる単純な仕組み、このバネが折れていた。0.3mmのステンレス板バネがたまたま有ったので同一寸法に加工したがこれが大変デリケートでパチンと音がせずクニャーと曲がるだけ、ヤスリで根気良く長さ調整したら巧く動作するようになった。元のバネは白いビニルで覆っているので折れても分かりにくい。
 
赤い矢印はバネ折損部
 
2018/5/27
社恊祭でプラレールランドを開催しました
  
 
 
モノレールも走行
 
 
 
2018/1/27 の治療報告
 
アイデス 電動乗用玩具 UFO360°
治療報告
 
ギヤーボックスが割れ動かない、軸受けも破損して重症です
プラスチック板に軸穴を設けプラリペアで接着して治療を終えました。
 
 
 
                                 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2017/12/16 の治療報告
 
「うちのスーパードッグさかだちコラッキー」
治療報告
モータが回らず、基板を素手で触ると鳴く。配線図を書き出してみたらマイコンがモータドライバーICを駆動していて当該IC「eSW4506A」が壊れてると判明、代替IC「LB1938FA」と交換、ただしサイズが合わないため小基板に実装して空きスペースに配置して配線するという細工を行った。(写真E)
 
 
 
 
 
 
 
「アンパンマンわくわくクレーンゲーム」
の治療報告
アガツマの旧型クレーンゲーム                            
 
  
 
バケットの鎖は伸びきったままでLEDが点滅しメロディが流れるが動かない。原因は電池の容量不足で,4.5v有るべきが3.6VしかなくSWをONにするとさらに低下して2.4Vしか無く、電池を交換して正常に動作した。

電池の容量不足の時の症状ですが、まずクレーン部分を外して前後左右のリミットSWをオープンにして動作させる、すると前後左右には動くが昇降しない、さらにファンファーレが鳴って「ヤッター!!」とアナウンスされ、それに昇降用モータには電圧が架からず、まるで昇降回路の故障の様であり且つマイコンの暴走の様相でもあった。なぜならカプセルが取り出し口に落下した時のみファンファーレが鳴るはずがそれと無関係に鳴っていた。
こんな症状の時は電池を疑えです。
 
 
 
 
 
 
 
2017/11/3 文化祭臨時開院
大盛況で12台の修理を受け付けました。
 
プラレール遊びの様子を動画で紹介します
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2017/6/24 治療報告
 
プラレール サウンド・スチーム D51
煙をはくD51の走行テスト
 
連結分の給電線が断線していました
 
 
 
2017/5/28の社協祭り開催報告
 
 
 
プラレール遊び
 
プラレール遊び
 
                                       
  
大盛況で手が足りない状態でした
 
 
 
 
 
2017/4/22の治療報告
 
「アンパンマン自動車」治療報告
動かないモータの空転音もしない。10山と30山の二段クラッチギヤの10山ギヤーが割れていた,この部分は両ギヤーの側面に小さな三角の凹凸があり無理な力が加わると、凹凸の噛み合いが外れるクラッチ構造の二段ギヤーであった。治療ですが、10山のギアーが割れていたのでピニオンを所定厚に切断し代替としました、そして三角の凹凸は作れないので仕方無しにフラット面としました、これでもバネ圧で摩擦伝達出来、タイヤーを無理矢理止めるとモータが空回りしてクラッチ機能もて支障無く動作しました。 クラッチギヤーはプラレールにも使われているがギヤーが合わないため交換部品の入手は難しいそうです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2017/3/25の治療報告
 
 
「タッチであいうえお教室キッズタブレット」
治療報告
ブツブツと音がするだけだったが原因は電池容量不足でした、さらに下半分のキーが利かない状態でした、基板のICを交換した結果正常に動作しました。特筆すべきはICの樹脂コーティング材を削除して良品のICを載せ換えた点です。
 
 
 
 
 
 
 
 
「キーボード」の治療報告
CASIO MT-640
 
パーカッション「HI AGOGO」が鳴らないのと、DCインレットの接触不良がありました。SPを鳴らす出力側の回路を確認すると電池漏れ液でDCカット用の電解コンデンサが断線していましたので良品に取り替え正常になりました。ただし電池端子の腐食がひどく修復が出来ないのでDCアダプターで電源供給にして頂く事にしました
 
 
 
 
 
 
 
電池で動くトイプードルの縫いぐるみ
の治療報告
株式会社オスト  おかえりワンちゃん スーパーアクション
動かない、モータの空転音もしない。縫いぐるみを剥がして確認したところ電池出力電圧が低く電池BOXが接触不良を生じていました、端子の研磨と清拭を実施し正常に復帰しました。この犬は音や声それに、背中を撫でた時に反応し、鳴きながらランダムに8種類のアクションをします、今後の参考に内部を紹介します。
 
   
 
 
 
 
 
2017/1/28の治療報告
 
「キーボード」の治療報告
トイローヤル知育玩具 R-ECO ミュージックキーボード
 
症状 黒い鍵盤5カ所が脱落
 
治療
鍵盤は連結された状態一体成形されていて付け根が破断していました、折れた部分にL字形の銅テープを瞬間接着剤で接着、連結板側は両面テープで貼り付け脱落しないようにしました。プラスチックと銅の接着はいささか不安の残る手段です。再発した場合はネジ止めするつもりです。
その後接着が剥がれました。
瞬間接着剤は駄目でした,ゴム系接着剤に変えた結果うまく行きました。銅テープの代わりにアルミ缶を切り出してもうまくいきました。
 
黒い鍵盤は外しています。
 
 
 
 
 
 

 
 
2016/12/17の治療報告
 
チビコロポッポ
症状 音が時々鳴る

スピーカ内のエナメル線がタッチしていた為に音が鳴ったり鳴らなかったりしていました。スピーカを取り出して交換すれば良いのですが、車軸がうんともすんとも動かないので、ネットで検索しても開ける事が出来無かったと記載されていました。結局、隙間からのぞいてエナメル線が寄り添っていたのでこれが原因と思い、一番近いところを開けた次第です。治療の仕方は、スピーカのコーンを一部切り落とし、エナメル線を切り離し継ぎ足しをした上で接着剤で動かない様に固定しました。
 
 
 
2016/11/26の治療風景
 
エンジェルハートステッキ
スイッチがONのままなので、スイッチを交換
 
 
 
リモコンアーム
旋回が出来ない、内部旋回用の中継端子のメスピンが緩んでいたので締め直す
 
 
 
ショベルカー
前回の続きで歯車の最終取り付けと組み立て
 
 
 
 
 
2016年11月3日(水)ペガサスフェスタ
 
臨時開院にもかかわらず多くの方々が町の広報を見て来られドクターも多忙でした。
 
 
 
お待たせしました当日入院の
「わんちゃんの脱臼」「ニャンコの骨折」完治しました!!
(11月10日)
 
わんちゃんの脱臼は軸部分が欠けていたので軸付ギヤで代替した。
ニャンコ骨折は骨折部分を銅線で補強してPP接着剤で固定
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「ショベルカーの入院治療」
 
症状はアームが動かない
 
アームを動かすギヤーが欠けていたのでプラリペアーで造形しました。(11月10日)
 
 
 
 
 
 
 

 
 
2016/7/27の治療風景
CASIO キーボード MA-150
音が出ない、液晶画面が出ない
 
トランジスタ1個不良でこれを交換したがまた不良になり原因を追及した結果不良トランジスタ
のエミッターに繋がるコンデンサがショートしていたためで両者を交換して治療完了
 
↑クリックしてください 
 
 
 
 
 
詳細記事
 
↑クリックしてください 
 
 
 
 

 
 
2016/6/25の治療風景
アンパンマンキッズドライバー
電源が入らないのとチェンジレバー折損
 
チェンジレバーの折損はアルミパイプを差し込みネジ留めして治療しました(写真中)、
電源が入らないのは電池ボックスのマイナスリード線がケースに噛み込んでつぶれて断線
していました(写真右)、断線箇所を接続治療しました、おそらく製造ミスだと思われます。
 
 
 
 
 
忍者一番刀
音が出なくなった、次いで電源が入らなくなった
 
 
音が出ないのはスピーカのリード線が半田付け箇所で折損していましたので接続しました
(写真左下のピンク色のリード線)。電源が入らないのは電池ボックスの裏側のヒューズ抵抗が切
れていました(写真の左下)、手元にあった0.5Aのチップヒューズに交換しました(写真の右下)。
スピーカのリード線が断線して他端とショートしてヒューズが飛んだのかも知れないです。
 
 
 
 
 
2016/5/15の出張治療風景
上牧町 緑が丘 子供たちとのふれあい会
 
 
 
 
 
2016/3/26の治療風景
 
ハイパーレスキュー緊急指令タワー基地
 
音が出ない、リフトが上昇したりしなかったりする。
分解するのに50個のネジを緩めねばならず時間切れで入院となりました。
スピーカが断線していましたが上昇機構は問題なく動作しました、
電池容量が少ないとLED発光と音声は発するが上昇リフトは全く動かない
ことが分かりました、ちなみに上昇リフトが動くときの電流は400mAにも達します。
 
リフトが上昇したりしなかったりする件はスピーカの故障のため操作タイミングが合わず
動作しないことが有って故障と思いこまれた様で実際は正常でした。
 
 
 
 
2016/2/27の治療風景 
 
光るおもちゃ  うんちスティック
 
 
 
首根っこからポッキリ折れています、「継ぎ当て」材料がないので入院していただきました
 
 
 
@の廃材の突起部を利用してパイプの穴に差し込んでAの如く接着しました。
そして化粧仕上げのために、Bの様にもう一枚重ね貼りして治療完了ですC
 
 
 
 

 
 
2016/1/23の治療風景
 
「アンパンマンわくわくクレーンゲーム」の治療報告
 
  
写真はアガツマの旧型クレーンゲーム 
 
 
 
動作症状
バケットの鎖は伸びきったままでLEDが点滅しメロディが流れ左右には動くが前後及び昇降が出来ずモータの空転音が聞こえています。ギアボックスを分解した結果3個のモータ軸のピニオンギアが全て割れていていました。(ピニオンは8山1.9mm穴)
治療手順は「なら・おおよどおもちゃ病院」のサイトにある技術資料にならって行いました。技術資料はココ
 
 
 
ギアボックスを分解  黄色が割れたピニオ
 
 
 
組み立て:ギアボックスとバケットは約15mmのギャップを空ける、ギアボックスは任意の位置にセットしても自動で原点に戻ってくれます。
 
 
 
 
 
 
「キーボード」の治療報告
トイローヤル知育玩具 R-ECO ミュージックキーボード
 
動作症状
鍵盤5カ所の音が出ない、しかも等間隔に8個飛びで音が出ない、鍵盤とIC基板を8心と5心のフラットケーブルで繋がれています、8個飛びで故障していることかフラットケーブルの断線と思われますが切れた様子は無く半田付けを疑い、8心ケーブルの全箇所を半田付けを仕直したところ正常に戻りました。半田がプリント基板と接していなかったと思われます。
鍵盤はラバースイッチが横一列に並んでいます、そして8心と5心ケーブルでIC基板に繋がっています、鍵盤が押されると8心と5心のどれかと導通して音が出ます、8心ケーブル中の1心が不良だと5心ケーブルと導通することが出来ずで5カ所で音が出なくなっていたのです。
 
 
 
 
8心のフラットケーブルとIC基板との半田付け不良であった。
 
 

 
「ペガサスフェスタ2015」
2015/11/3
 
 
 
 
クリックすると風景が見れます
 
 

 
 
 
アピタ・ECOフェスタ 出張診断
 
上牧町ブースで活動紹介と出張診断を行いました
2015年7月19日 日曜 9時〜15時(アピタ西大和店)1F コミュニティスペース
 
クリックすると風景が見れます
 
 
 

 
 
「ふれあい社協まつり」2015
2015/05/24
 
クリックすると風景が見れます
 
 
 

 
 
2015/3/28の治療風景
 
看板にLEDで矢印の案内表示灯を新設しました
 
 
赤色LEDが矢印方向に流れるように点灯します
部品取りしたLEDやトランジスタ、IC等を活用しています。
 
 
 
 
 

 
 
 
2015/2/28の治療風景
 
「おりこうクマタン 昔話しの読み聞かせ知的玩具」の治療報告
昔話・童話・わらべ歌・童謡・英語の歌など
全450種のお話をしてくれる、歌ってくれるハイテク玩具
バックライトが消えなくなった故障の治療です。
 
 
 
 
 
 

 
 
2014/12/20の治療風景
 
サウンドトレイン新幹線
 
4種類の音を出す新幹線、スイッチを押しても音が出ない
 
スイッチは導電性ゴムでプリント基板上のスイッチパターンを導通させるものでした。
これが不良でした、スイッチパターンを強めに清拭すると回復しました。
 
当初はオーバホールしスイッチパターンの清拭、配線の導通、スピーカのチェック
等の手を尽くしたが治らず残るはICの故障しかないとギブアップ、ところが他のドクターが
スイッチパターンを再度強く磨くと治りました、磨き方不良という大いなる教訓を得ました。
 

 
 
2014/11/22の治療風景
 
エンジェルハートステッキ診察
 
音がしてドームの中のライトが回転し、赤、青、緑に光ります。
中央部でポッキリ折れ電線も切れていました。
 
  

@ポッキリ折れたエンジェルハートステッキ
AB治療は折れた部分にスチロール樹脂で出来たボールペンの軸を半割にしてはめてみるとるぴったりでした。プラリペアを用いて上下を接着し軸穴に配線を通して接続しました。
C治療完了後の外観
 
 
 

 
 
2014/11/03 ペガサスフェスタ
 
おもちゃ病院の臨時開院とかええこバザールおもちゃの交換
  
左は治療風景、右は「かえっこ」の様子、使わなくなったおもちゃを持ち寄り欲しいおもちゃと交換します。
 
 
 
 

 
 
2014/10/25の治療風景
 
ごろりんワンちゃんの診察
 
転がりながら可愛くほえる犬です、動かなくなりました。「メーカ(株)オスト」
 
 

動かないという症状。お腹の中のギヤーボックスを取り出したらリード線が切れいたので接続して熱収縮チューブで絶縁して治療しました。切れたリード線は犬が動き出す起動センサーで鼻先に付いていてます、面白いのはセンサーが古典的なcdsセルで光の強弱で抵抗が変化する性質があります、鼻先を手で遮ると光量が変化して一定時間動きます、止まれば再度手で遮る動きだします。また暗闇では全く反応しませんが、懐中電灯の灯りを当てると動き出します、IC回路が急峻な光量変化のみをキャッチする原理が面白いです。右上が切れた部分の治療箇所で左下の写真は鼻先の穴からcdsセルが見える様子です、右下はcdsセル単体の写真です。
 
 
 
 

 
 
2014/09/25の治療風景
 
スプラッシュおふろスライダーの診察 
               
おふろの湯をポンプでくみ上げスライダーに流し人形を滑らせて遊ぶものです、
この種のもの毎回持ち込まれるいわく付きの玩具です。 
 
 
白丸内:ポンプ部分

ポンプのモーターが回らないという症状。羽を手で回すと重くシャフトに潤滑油をスプレーしても軽く回らない、テスターの導通も無し。ドリルのチャックでシャフトを掴んで回転させたが、軽くならない、導通も復活しなかった。
フイルターキャップは何故か簡単に外れたがモーターケースは防水対応で、しっかり接着されているので分解が不能。治すにはこのモーターのケースを「ピラニア」で切開して、モーターを取り替えて、ケースを閉じて防水ということが考えられたが、(上の写真の黒いのがモーターケース、外側の赤いポンプケースでこの隙間を水が通る)。しかしモーターケースを防水すると外側にゴテゴテと接着剤がはみ出し水の流れを妨げてしまうので。おもちゃDrとしては無念であるがメーカでポンプごと購入することを勧めてお引き取り願いました。(株式会社アガツマ:送料込みで600円だそうです)

原因不明ですが断線、ブラシの錆か欠損、及びオーリングの摩擦が大きい等が考えられます。
 

 
 
 
 
 
 
 
2014/05/25の社協まつりの風景
↑クリックしてください
 
 

 
 
2014/04/26の治療風景
 
 
 
 
  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
笑い転げるネコの尻尾の入院治療
 
     
 

笑い転げるネコの尻尾が根本で折損、まず駆動部を分解して尻尾の相手側を取り出す。材質はPPで折損部を付き合わせてエポキシパテで補強し次いで抜けないよう4本のビスで止めます。1日放置して硬化を確認した後、駆動部ごとネコのぬいぐるみに収納して完了。エポキシの硬化に時間を要するため2日間の入院治療をしました。
 
 
 
元気になったネコの動画です。
 
クリックして御覧下さい。
 
 
 
 
「たたいてピカピカハンマー」の治療報告
 
 
 
 

 
 
2014/03/22の治療風景
                                  
ショベルカーの
 
 
 
 
  
 
 
 
 
 
  
 
 
 
 
 
  
      マドンナドクターが優しくおもてなし
 
 
 
 
 
寄贈されたおもちゃ
          
 
 
 
 
 
 

 
2014/01/25の治療風景と治ったおもちゃで遊ぶ子供達
                               画像をclickすると拡大します
 
                     
 
                                                            
 
 

2013年9月28日の風景
第一回開院の様子
 
 
 
 

こわれたおもちゃの治療風景です。
子供たちは興味しんしんの様子・・・・・
(やまとたかだおもちゃ病院で実習した時の写真)
 
 
 

 
診療を希望される方にお願い。
 
● なるべくお子さんとご一緒にお越しください。お子さんの目の前で治すことにより、お子さんにモノを大切にする心や科学する心を持っていただくことも一つの目的と考えています。

● 説明書や箱があるときは、一緒に持参して下さい。お買い上げ後の箱は大切に残しておきましょう。外箱には遊び方などの情報が記載されていることが多く、治療の時大変役にたちます。

● 外れたネジや、折れた部品があるときは、全て持参して下さい。
● 電池で動作するおもちゃが動かない場合は、新しい電池で試してください。
● メーカー(製造者)保証期間中のおもちゃは、当該メーカーに修理依頼して下さい。メーカー保障期間中に私達が修理した場合は、メーカーの保証が失効する場合があります。
 治療(修理)後お受け取りの際は、動作等確認のうえお受け取り願います。なお、部品の入手困難や技術的仕様が不明なため治せないおもちゃもあることをご理解願います。

● 私どもは、ボランティアとして事故のないよう十分注意し、誠心誠意治療(修理)しておりますが、治療したおもちゃに関連した事故につきましては、責任を負いかねますのでご理解願います。

● 治療(修理)について
1.診察や修理作業は無料です。部品を交換して修理する場合は、部品実費をいただくことがあります。

2.実費が必要な場合は、事前に相談いたします。

3.当日治せない場合は、お預かりして治療し、次回、開院時にお返しします。

4.修理に際しては充分注意して行いますが、修理不能や元の状態に修理できないことがあります。

5.児童のおもちゃを修理の対象としており、下記のものは修理をお受けできません。

・購入価格より商品価値のあるアンティークなもの

・修理後安全上問題のあるおもちゃ(玉や矢などを発射するもの等)

・高度な機能を有するおもちゃ(コンピュータゲーム機・コンピュータロボットなど)

・商用電源(AC100V)を利用した部分(ACアダプターなど)

・精密なおもちゃ(鉄道模型など)

・破損した場合生命にかかわるもの(浮き輪やプールなどの遊具)

・分解すると保証が無くなるメーカー保証期間中のおもちゃ

・その他修理することが適切でないと判断される場合

 
 
 
 
 
 
不要になったおもちゃを寄付してください。
 
おもちゃを捨てないでください。

いらなくなったおもちゃ、処分したいおもちゃ、壊れたおもちゃ等がありましたら寄付をおねがいします。

いただいたおもちゃは、治療完了後必要とされる保育所や幼稚園など施設に寄贈または、子供達のためのイベントで活用いたします。

●治らないおもちゃは、分解して内部の構造、配線、回路等の勉強に活かします。また部品等を他のおもちゃの治療に活用いたします。

おもちゃの種類として「鉄砲類」「コンピュータゲーム機」「ぬいぐるみ」は、取り扱いをいたしておりませんので、申し訳ありませんがご容赦願います。

寄付いただける方は、開院日に(毎月第4土曜13:30〜16:00)お持ち頂くか問い合わせ先にメールで連絡をお願い致します。
 
 
 
 
 
 

お問い合わせは以下をクリック下さい
おもちゃの病院上牧 代表 辻 善文   
         




 CLICK
 
 
 
 
 
リンク   奈良のおもちゃ病院がわかります
 


 
なら・おおよどおもちゃ病院 吉野郡 大淀町
やまとたかだ おもちゃ病院 大和高田市池田
なら おもちゃ病院 奈良市法蓮町
 
 
全国のおもちゃの病院
おもちゃ病院協会
トイネット
東京都新宿
 
 
 
 
 
 
 
 
Webmaster   M.Kuga