おもちゃの病院上牧更新2020/6/27
おもちゃの病院上牧
治療報告  治療器具new 開院風景 おもちゃの寄付 リンク お問い合わせ
 
おもちゃの病院上牧
 

 

「おもちゃの病院上牧」を紹介するページ。
ボランティアによるおもちゃの無料治療を行う病院です。
 
13:30〜15:30
次ぎの開院は7月25日(土)です。
 
新型コロナウイルス緊急事態宣言解除により2000年開館が使用可能となりましたので再開いたします。
マスク着用で来院ください。入室は10人以下、アルコール消毒と検温をいたします。
 
ラスパ西大和店(旧アピタ)が近くに有ります。
 
これからの開院日は次ぎのとうりです。
  2020年(令和2年)
3月7日
中止
 
3月28日
入院受付のみ
4月25日
入院受付のみ
5月23日
休止
 
5月31日
社協祭り休止
 
6月27日
終了
 
7月25日

 
8月22日

 
 
 
**12月のみ第3土曜です 通常は毎月第4土曜
 
おもちゃの病院上牧とは
おもちゃの病院上牧は「上牧町ボランティア連絡協議会加入団体」
で事務所を上牧町社会福祉協議会に置いています。
当団体は上牧町協働まちづくり公募型補助金の交付団体に決定しました。
(上牧町まちづくり推進課)

2013年9月に発足、大淀の「神の手」を持つベテランDrが毎回支援に来ていただいています。他所で治らなかったおもちゃが治せた例も多々あります、
お住まい地は問いません、どうぞお越し下さい。
 

 
 
ドクターの皆様
おもちゃの病院上牧と支援していただいている「なら・おおよどおもちゃ病院」「やまとたかだ おもちゃ病院」「なら おもちゃ病院」の皆様方
 

 
 
 

 
 
 

開 院 風 景
2020/6/27
新型コロナウイルス緊急事態宣言解除後、初の開院です
マスク着用、消毒、検温を実施し入室者を10人制限して開院、来院1件で「吠えなくなったチワワ、半田外れが原因でした」
 
 
2020/4/25
新型コロナウイルス感染拡大の防止対策のため「代表ドクターの入院(預かり)受付対応」のみの開院です。
先月お預り品はすべて本日返却いたしました。エポック野球盤の治療依頼がありました。
来月から当分休院し、治療希望の方は問い「お問い合わせ先」にメールで依頼下さい。
 
 
2020/3/28
新型コロナウイルス感染拡大の防止対策のため「代表ドクターの入院(預かり)受付対応」のみの開院です。
2000年会館の桜と受付風景
                                       
ハッチを開くとデザインドラムが回転して音と光を発する自動車、ドラムが回転しないため入院
 
 
2019/11/23 
*11月23日はペガサスホールに場所を変えて開院しました。
KANMAKI GARDENと同時開催しまた
ジャンボ プラレールランド
終日沢山のお子さんで賑わいました。
 

 
 
2019/11/3
ペガサスフェスタにて開院
 
ジャンボ プラレールランド動画
 
 
 

 
2019/5/26
ふれあい社協まつり
1階プレイルームでプラレールランドと2階 第2会議室でモノレール運転とおもちゃの治療
 

 
2018/5/27
社恊祭でプラレールランドを開催しました
  
 
 
モノレールも走行
 

2017/11/3 文化祭臨時開院
大盛況で12台の修理を受け付けました。
 
プラレール遊びの様子を動画で紹介します
 

 
2017/5/28の社協祭り開催報告
 
プラレール遊び
 
プラレール遊び
  
大盛況で手が足りない状態でした
 

 
2016年11月3日(水)ペガサスフェスタ
臨時開院にもかかわらず多くの方々が町の広報を見て来られドクターも多忙でした。
 

 
2016/5/15の出張治療風景
 

 
2015/11/3
 
 
 
 

 
アピタ・ECOフェスタ 出張診断
 
上牧町ブースで活動紹介と出張診断を行いました
2015年7月19日 日曜 9時〜15時(アピタ西大和店)1F コミュニティスペース
 
 

 
2015/05/24
 

 
2015/3/28の治療風景
 
看板にLEDで矢印の案内表示灯を新設しました
 
赤色LEDが矢印方向に流れるように点灯します
部品取りしたLEDやトランジスタ、IC等を活用しています。
 

2014/11/03 ペガサスフェスタ
 
おもちゃ病院の臨時開院とかええこバザールおもちゃの交換
  
左は治療風景、右は「かえっこ」の様子、使わなくなったおもちゃを持ち寄り欲しいおもちゃと交換します。
 

 

 
2014/04/26の治療風景
  
 
 
  
 
 
 

 
2014/03/22の治療風景
                                  
ショベルカーの
 
マドンナドクターが優しくおもてなし
 
 
寄贈されたおもちゃ
          
 

 
2014/01/25の治療風景と治ったおもちゃで遊ぶ子供達
                               画像をclickすると拡大します
 
                     
 
                                                            
 

2013年9月28日の風景
第一回開院の様子
 

こわれたおもちゃの治療風景です。
子供たちは興味しんしんの様子・・・・・
(やまとたかだおもちゃ病院で実習した時の写真)
 

 
診療を希望される方にお願い。
 
● なるべくお子さんとご一緒にお越しください。お子さんの目の前で治すことにより、お子さんにモノを大切にする心や科学する心を持っていただくことも一つの目的と考えています。

● 説明書や箱があるときは、一緒に持参して下さい。お買い上げ後の箱は大切に残しておきましょう。外箱には遊び方などの情報が記載されていることが多く、治療の時大変役にたちます。

● 外れたネジや、折れた部品があるときは、全て持参して下さい。
● 電池で動作するおもちゃが動かない場合は、新しい電池で試してください。
● メーカー(製造者)保証期間中のおもちゃは、当該メーカーに修理依頼して下さい。メーカー保障期間中に私達が修理した場合は、メーカーの保証が失効する場合があります。
 治療(修理)後お受け取りの際は、動作等確認のうえお受け取り願います。なお、部品の入手困難や技術的仕様が不明なため治せないおもちゃもあることをご理解願います。

● 私どもは、ボランティアとして事故のないよう十分注意し、誠心誠意治療(修理)しておりますが、治療したおもちゃに関連した事故につきましては、責任を負いかねますのでご理解願います。

● 治療(修理)について
1.診察や修理作業は無料です。部品を交換して修理する場合は、部品実費をいただくことがあります。

2.実費が必要な場合は、事前に相談いたします。

3.当日治せない場合は、お預かりして治療し、次回、開院時にお返しします。

4.修理に際しては充分注意して行いますが、修理不能や元の状態に修理できないことがあります。

5.児童のおもちゃを修理の対象としており、下記のものは修理をお受けできません。

・購入価格より商品価値のあるアンティークなもの

・修理後安全上問題のあるおもちゃ(玉や矢などを発射するもの等)

・高度な機能を有するおもちゃ(コンピュータゲーム機・コンピュータロボットなど)

・商用電源(AC100V)を利用した部分(ACアダプターなど)

・精密なおもちゃ(鉄道模型など)

・破損した場合生命にかかわるもの(浮き輪やプールなどの遊具)

・分解すると保証が無くなるメーカー保証期間中のおもちゃ

・その他修理することが適切でないと判断される場合

 
 
 
 
不要になったおもちゃを寄付してください。
 
おもちゃを捨てないでください。

いらなくなったおもちゃ、処分したいおもちゃ、壊れたおもちゃ等がありましたら寄付をおねがいします。

いただいたおもちゃは、治療完了後必要とされる保育所や幼稚園など施設に寄贈または、子供達のためのイベントで活用いたします。

●治らないおもちゃは、分解して内部の構造、配線、回路等の勉強に活かします。また部品等を他のおもちゃの治療に活用いたします。

おもちゃの種類として「鉄砲類」「コンピュータゲーム機」「ぬいぐるみ」は、取り扱いをいたしておりませんので、申し訳ありませんがご容赦願います。

寄付いただける方は、開院日に(毎月第4土曜13:30〜16:00)お持ち頂くか問い合わせ先にメールで連絡をお願い致します。
 
 
 

お問い合わせは以下をクリック下さい
おもちゃの病院上牧 代表 辻 善文   
         

      


 CLICK
 
 
 
リンク   奈良のおもちゃ病院がわかります
 
なら・おおよどおもちゃ病院 吉野郡 大淀町
やまとたかだ おもちゃ病院 大和高田市池田
なら おもちゃ病院 奈良市法蓮町
全国のおもちゃの病院
おもちゃ病院協会
トイネット
東京都新宿
 
 
Webmaster   M.Kuga