ポルトガルの鉄道
トラムと国鉄
 

 
リスボンのトラム(路面電車)
 
 
 
 
リスボンの公共交通機関に路面電車があり、19世紀にアメリカのブリルから輸入されたものであった。初期のトラムはいまでもカリス博物館(公共交通博物館)で見ることが出来る。現代的な車両が走る15系統以外はリスボンの市電は2軸の車輪を使った20世紀初期に遡る小さな車両が使われている。これらの特徴的な黄色の市電は観 光客にとっては現代のリスボンの象徴の一つで、その大きさは急な坂や市街地中心の狭い通りに適している。 軌間は900ミリというから狭軌のJR在来線より更に16.7cmも狭いが、狭い街中をかき分けるように走るので車体は結構大きく見える。135‰ (13.5%) という最急勾配が12号線な有るそうで、通常のレールを用いたいわゆる粘着運転では世界記録。
 
 
 
カモンイス広場にて
 
 
 
 
 
 
動画
自作模型のリスボンの路面電車、A4サイズのパイクです
 
click
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
路面電車ぶら下がり乗車
 
 
 
動画
路面電車ぶら下がり乗車
 
click
 
 
 
 
フィゲイラ広場
  
 
 
 
 
 
 
 
 
全長が12.1mで見かけはレトロだが台車は2軸の単車で新型のカルダン駆動で、
軸バネが防振ゴムのになっている。初期は吊りかけ式駆動だった。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   
近代車両 LRT
 
 
 
 

 
ポールとパンタグラフ
 
広い道路上ではパンタグラフ、急勾配と急曲線が連続して架線の設置状況が厳しい旧市街地を走る路線ではトロリーポール
と使い分けているとのこと。両運転台でポールのみの車両は目にせずポールとパンタの両用車両ばかりであった。
 
 
 
  
 パンタグラフ式集電装置で走行しポールを下げている車両
 
 
 
 
  
ポール式集電装置で走行しパンタグラフは下げている車両
 
 
 
 

 
方向転換
運手席は片側のみで、乗客は前乗り後ろ降りの先払い式です、終点での方向転換は、
いとも簡単でロータリをUターンしているだけ、写真はアルジェスの終点とエストレラ聖堂の終点です。
  
     アルジェスの終点のUターン箇所              エストレラ聖堂の終点のUターン箇所
 
 
 
 

 
ガントレット区間
「Gantletガントレット」とは複線を敷設するための道路幅が確保できなかったところを,上の写真のように上下線を交叉させて複線として所要幅を縮める。従ってその区間では列車の行違いはできないが、線路の維持に手間がかかるポイントが不要でメリットがある
 
 
 
 

 
 
土産の1/87のミニチュア模型(無動力)車内には座席もあり精巧に出来ている。    12ユーロ(リスボン)
 
 
 
 

 
ケーブルカー
 
ビッカ線のケーブルカー
行開始1892年(明治25年)、路線延長は245m
3.6ユーロは一寸高い運賃
 
 
線路の謎
  
左を走る車両のレールと右を走る車両のレールが中央で2本だけ交差している右と左の各々の
2番目はケーブルが走る溝で合計6本からなるガントレット構造
 
 
 
 
 
グロリア線のケーブルカー。
1885年(明治18年)10月24日に開通した延長265mの路線。
坂の多いリスボンならではケーブル、観光客のも人気がある
 
 
 

 
エレベータ
 
 
サンタ・ジュスタのエレベータ
リスボンは丘陵地帯のため坂の上の市街に行くためのエレベータでリスボンの名所にもなっている
1902年(明治35年)に完成、高さ45メートルで24人乗り低地バイシャ地区と高地シアード地区を結ぶ有料エレベーター。
プレートに路面電車の会社Carisの名とと国定記念物と記されている。
 
 

 
Fertagus(フェルタグス
 
フェルタグス(Fertagus)は、ポルトガルの鉄道事業者で、同国の最初の民間鉄道事業者である。リスボン市内のローマ・アレエイロ駅を起点に、テージョ川の「を4月25日橋」で渡り、セトゥーバル駅までの区間約54Kmを結ぶ路線で運行している。主に、テージョ川南岸のベッドタウンからリスボンへ向かう通勤路線として利用されている。Fertagusという名前は、鉄道を意味する caminhos de ferro とテージョ川の英語名 Tagus からとられている。フェルタグスは、EUの鉄道の上下分離政策によって、鉄道施設を保有管理しているREFERに施設使用料を支払って運行されている。
 
 
 
アルストム製の総2階建て4両x2編成立派なミラーが付いている
撮影はエントレカンポス駅たが、ホームまで全く改札がなくエスカレータで
ダイレクトにたどり着き駅員も見あたらず自在に撮影できた
 
 
  
フェルタグスのロゴはテージョ川の鉄橋をイメージしている様な気がする、 右はテージョ川の「4月25日」橋を渡るフェルタグス
 
 
 
動画
 
click
 
 
 
 

 
ポルトガル国鉄(CP) エントレカンポス駅にて
ポルトガルの鉄道網は、約2830kmに及び隣国のスペインに合わせて広軌 (1668 mm)である。大半はポルトガル鉄道(CPー国鉄)によって運営されているリスボン近郊を走るFertagus(フェルタグス)が唯一の私鉄である。 隣国
 
 
 
CPはポルトガル鉄道(Caminhos de Ferro Portugueses, CP)のロゴは
 
 
 
 
 
 
↑ 発見のモニュメントの前庭にて
 
 
 
 
↑ 発見のモニュメントの前庭にて
 
 
 
 
 

ポルトガルの旅景      MENU(海外の土産)     MENU(海外の鉄道)     MENU(海外の旅景)     HOME