バンコクの地下鉄
 
ここは国鉄ファラーンポーン駅から地下鉄ファラーンポーン駅へ向かう連絡通路です。通路両脇には鉄道、BTS、地下鉄、交通の歴史、工事過程等が紹介されています。タイの交通に興味がある人、鉄道ファンにはお勧めかと思います。
 
地下鉄ファラーンポーン駅へ向かう連絡通路   案内表示はタイ語に英語が併記されていて迷いません。
 
 
 
改札後の地下鉄構内の様子です、明るく清潔でした
       
 
 
 
 
地下鉄ホームの様子です。ホームは人身事故防止の為にガラスの壁が設置されています。
ホームで写真を撮ってると係員に注意されました。車両はシーメンス社製の4ドアで3両編成でそのデザインはタイの国旗をイメージさせる白・青・赤の三色が使われています。
ホームはかなり余裕があり電車がとまるところは実質半分くらいです。客が少なくひっそりしています。
 
 
 
地下鉄車内
 座席は固いプラスチック製です。
 
 
 
 
 
 
 
 
  地下鉄の乗車方法
自動販売機









 

1. 自動販売機で購入する場合。
 タッチパネルに路線と料金が表示されている。最初はタイ語表記だが、右上の「ENGLISH」に触れる と英語表記になる。先に行き先の駅名に触れると料金が表示される。

2. 表示された料金を投入する。
  なお硬貨は1B・5B・10B、紙幣は20B・50B・100Bが使用できます。卜一クンとおつりが出ます。



 
トークン






 

左の写真がトークンでICチップが組み込まれている





 
改札(入り口)





 
3. 改札を入る
  改札のトークンとカードの絵が書いてあるセンサーの上にタッチします。カードの場合も同様でJRのICOCAと同じです。ゲートが開き素早く中に入る。駅によってはのぼり方面と下り方面のホームが階層になっている駅もあります。構内の行き先表示を確認して該当ホームへ。


 
改札(出口)





 
4. 改札を出る
改札を出るときは、トークンの場合、改札機の投入口にトークンを入れて出ます。カードの場合はセンサーにタッチするだけです。



 
地下鉄ではテロに備えて、地上の入り口前で持ち物検査をしています。カバンの中身をガードマンに一寸だけ見せるだけです。
 
 
HOME        TOP(タイの鉄道へ)     MENU(海外鉄道写真へ)  タイの旅景写真へ